大分大学医学部整形外科学教室Department of Orthopaedic Surgery, Oita University

整形外傷

診療体制

整形外傷チームは高度救命救急センターに搬送される四肢外傷、骨盤骨折、脊椎脊髄損傷を主に対象としております。亜急性期から慢性期の他病院からの難治生骨折患者の紹介も受け付けています。
整形外傷チームのスタッフは現在4名(3名専任、1名兼任)です。高度救命救急センターに常駐しており、ドクターヘリや救急車で当院に搬送される交通事故、転落事故など重症外傷患者の診療に初療から関わり、その後の手術、入院中の管理、外来経過観察まで一貫して行っています。
日々の診療においては最新の医学的知識(エビデンス)に基づいた最良の治療を心がけ、手術においては患者さんの体に負担の少ない最小侵襲手術(MIS)やナビゲーションを用いた安全な手術を行っています。
また、日学術的には臨床研究、基礎研究の結果を学会で発表し、論文として国内外に発信することも積極的に行っています。

整形外傷